1. TOP
  2. 性の悩み
  3. 彼氏・夫のED(勃起不全)は女性に原因がある?女性はどう向き合う?

彼氏・夫のED(勃起不全)は女性に原因がある?女性はどう向き合う?

性の悩み
この記事は約 6 分で読めます。 1,315 Views

性行為を行う上で十分な硬さに勃起させる事が出来なかったり、または勃起しても継続させる事が出来ずにすぐに萎えてしまったり。
このような症状が現れるのがED(勃起不全)です。

このEDには年齢に関係なく多くの人が悩みを抱えています。
ある調査によると成人の日本人男性の、約3人に1人はEDに関するなんらかの悩みを抱えており、性生活に不満を持っていると言われています。

そんなEDに自分のパートナーがなってしまった場合、女性は自分に原因があるのではないかと悩んでしまう人が多いようです。

では男性のEDには女性が原因なのでしょうか?
詳しく解説していきたいと思います。

 

パートナーがEDになるのは女性が原因?

では男性がEDになってしまう原因は、女性の魅力が関係しているのでしょうか。

率直に結論から言うと「答えはNO」です。

EDの原因には心因的な問題や、身体的な問題などさまざまな理由があります。
なので一概にその原因が女性の魅力にあるという事にはなりません。

しかしストレスやプレッシャーからEDになってしまう場合もあるので、あなたのパートナーに対する対応によってはEDを悪化させてしまう可能性もあります。

パートナーのEDを改善させるには、あなたの気遣いも改善への一歩になるかもしれません。
一緒に考えていきましょう。

 

EDの原因とは?

パートナーがEDになってしまったという場合は、EDに対する正しい知識を持ち、EDの事をしっかりと理解することが大切だと思います。

 

生活習慣

身体的な問題からなるEDは、生活習慣が深く関係していると言われています。

生活習慣の乱れからなる生活習慣病と言えば、高血圧症・糖尿病・心筋梗塞・脳梗塞などがあります。

これらの病気の原因の一つとして一酸化窒素の減少があげられます。
一酸化窒素は血管を拡張させる効果がある為、体内の一酸化窒素が減少してしまうと動脈が硬化してしまい脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こしてしまいます。

ペニスの勃起はペニスに大量の血液が流れ込む事で起こる為、血流が大きく関係しています。

動脈硬化が進み血管の詰まりが心臓付近で起こると心筋梗塞になってしまうし、脳の周辺なら脳梗塞になります。
それと同じように、ペニスに流れ込む血管が詰まってしまうとEDを引き起こしてしまいます。

脳の動脈は平均5〜7mm程度あるのに対して、ペニスの動脈は1〜2mm程度しかありません。
なので実はEDは、男性が最もかかりやすい生活習慣病の一つだと言えることになります。

身体に内臓脂肪が多くついてしまうと、そこから活性化酸素が多く生成されてしまいます。
体内で活性化酸素を処理しきれなくなると、余った活性化酸素が神経や血管にダメージを与えてしまい、体内の一酸化窒素が減少してEDのリスクが高くなってしまいます。

なのでEDのリスクが高くなるという事は、脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高まるという事なのでメタボ傾向にあるような人は注意が必要だと言えます。

 

ストレス

EDを引き起こしてしまうもう一つの要因が、心因的な問題による交感神経の活性化です。
この交感神経を活性化させてしまう原因がストレスになります。

勃起をする為には副交換神経が優位な状態、つまりはリラックスした状態である必要があります。
なので緊張やプレッシャーなどでストレスを感じて、交感神経が優位になってしまうとうまく勃起させることが出来なくなってしまいます。

「マスターベイションは出来るのに、いざ本番になると上手くいかない」
このような人は心因的な問題によるEDの可能性があります。

セックスというものは、相手がいる事なので少なからず緊張してしまうものです。
上手くいかないと焦ってしまいがちですが、そんな焦りや不安がかえってストレスを強めてしまいます。

まずは焦らずに、リラックスする事を心がけてみてください。

 

パートナーのEDに女性はどう向き合うべき?

 

「セックスが出来ないなんて男として失格だ…」
「パートナーに浮気されてしまうかも…」
「実はパートナーの周辺で笑い者にされているかも…」
「最近疲れているだけで、EDなんて認めたくない」
「実は何か深刻な病気なのかも…」

EDの悩みを抱える男性は、こんな風に悩んでいるのかもしれません。
男性は女性が思っている以上に、プライドが高くデリケートな人が多いです。

なのでEDというデリケートな問題に触れる時は、「病院に行けば?」「浮気してるの?」「なんで勃たないの?」など直球で話してしまったり、怒りをあらわにしてしまうのはNGです。

男性に焦りや不安、ストレスを与えてしまいかえって逆効果をうみだしてしまいます。

男性自身も病院に行った方が良いかも、治るのであれば治療したいと思っています。
しかし、恥ずかしさや不安からなかなか病院に行くのをためらってしまいがちです。

なのでそんな時の女性の対応としては、「一緒に病院に行ってみよ」「〇〇さんの旦那さんも病院行ったらすぐに治ったらしいよ」などと、優しく背中を押してあげることが良いのかもしれません。

男性にとってEDになるという事は、男としての自信を失う事です。
男性1人の問題ではなく、女性も一緒に問題を乗り越えて行く事が大切です。

 

EDの改善方法

EDの治療方法にはいくつかの方法があります。
病院で治療する方法や市販のED治療薬を使用する方法、また食生活を改善する事や、少しの工夫でEDを改善する事も出来ます。

EDの改善方法について解説していきますので参考にしてみてください。

 

食生活の見直し

EDの改善に効果のある食材、精力増強にいい食材を積極的に摂取する事も効果が期待できます。

「山芋」「オクラ」「納豆」などのネバネバ系の食材は精力増強効果があります。
また、「にんにく」や「ウナギ」なども高い効果が期待できます。

心因的な問題からのEDの場合は、精力増強効果のある食材を食べたという安心感から、EDが改善される場合もあります。

 

副交換神経が優位な状態を作る

パートナーが出来るだけリラックス出来る環境を作る様にして下さい。
リラックスした状態、副交換神経が優位な状態が勃起しやすい状態になります。

セックスに失敗した事を深く追求する事はNGになります。

 

マンネリ化を防ぐ

下着を変えたり、コスプレしたり、いつもとは違ったシチュエーションを作り出しマンネリ化を防ぐこともEDには効果があります。

いつもとは違った刺激を受ける事で性的興奮を高める事ができます。

 

スローセックスもオススメ

勃起して挿入する事だけを求めるのではなく、時にはパートナーと裸で抱き合いイチャイチャする時間も大切です。

触れ合うことだけを楽しむことで、勃たせなければいけないという気持ちも薄れ、かえって勃起する場合も考えられます。

そうやってセックスが成功する経験が、EDを改善してくれる場合もあります。

\ SNSでシェアしよう! /

男女のいろいろな悩みを解決!famy(ファミー)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

男女のいろいろな悩みを解決!famy(ファミー)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

famy(ファミー)編集部

famy(ファミー)編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「本当につらい・・・」そんな更年期障害を予防する事は出来るの?

  • これって更年期障害の症状?まずは自分でセルフチェック

  • 「えっ!?もう終わり!」そんな早漏(そうろう)はトレーニングで改善出来るの?

  • 辛い腰痛の原因は?自宅で簡単に出来る腰痛改善ストレッチ

関連記事

  • どうにかしたい!早漏(そうろう)を自力で改善する方法は?

  • 「朝立ちしなくなった!?」これってEDの前兆なの!?

  • ED・インポテンツ、勃起不全をを自力で治す方法とは?

  • 30代でEDの悩み!?その原因と改善方法は?

  • 詳しく知りたい!亜鉛サプリの効果と副作用!正しいサプリの選び方!

  • 「もう騙されない!」男性用サプリ・精力剤の選び方!